10 | 2017/11 | 12

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ローリエ

Author:ローリエ
元フルート奏者。
夫、子供2人、愛犬2匹と神奈川県湘南地区に住む。
趣味は、音楽、美術など芸術鑑賞。料理、園芸、手芸、散歩、スポーツ観戦(テレビ、特にフィギュアスケート)
最近はガーデニングに目覚める。


自宅でパン教室を開いている。現在、自分のスキルアップの為パソコン教室、料理教室に通っている。
いつか、料理教室も開くのが夢。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

step step step

またまた、ブログから離れてしまっていました。
なかなか以前のような熱い気持ちにならなくて・・・

でも今朝(正しくは昨日の朝)日経新聞を見て、ああ~もうこんな時期なんだと認識。
そして何よりも大輔氏のコラム。
この時ばかりは日経新聞を取ってくれている主人に感謝。
この記事いただきます。

スクラップもしてるけど(古い!)自分用にブログに書いておこうかなと。

step step step  高橋大輔
羽生 己との闘い GPシリーズ20日開幕

五輪本番のフリーで4回転ジャンプを5本成功させることを念頭に、羽生は初戦から全力で来るだろう。
GPシリーズは苦戦も覚悟の上で挑戦すると思う。本数を減らすのは後でも可能だ。
シーズンが進み、今季の得点の出方、ライバルの動向が見えてから、平昌での構成を決めるだろう。
前回覇者なのに守りに入らず、高いモチベーションを維持している。おそらくソチは自分が思い描く演技ではなかったから、平昌で自分の100%を出し切って初めて、納得できるのかもしれない。
チェンも4回転をフリーで何本入れるか、探っているように見える。現時点でフリープログラム全体の完成度は低い。
ショートプログラム(SP)も見応えがあり、踊れる選手なので4回転を5本も6本も跳ぶ必要はないと個人的には思う。
宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリーでは4回転を5本入れている。彼は「探る」というより、がむしゃらに自分の限界を追及している印象だ。僕はこれでいいと思う。羽生にもそういう時期があったように、若い頃は突っ走った方がむしろ演技が安定する。得点やライバルを計算して演技すると余計な頭を使い、かえって感が狂う。
男子で五輪のメダルに絡むのはこの3人に、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、金博洋(中国)、を加えた5人。それにパトリック・チャン(カナダ)が気になるといったところか。
一方、女子は正直、全くわからない。ソチ以降の女子は演技構成に差がなくなり、勝敗を分けるのはプログラムの印象や滑り、トラジション(技と技のつなぎ)といった本当に細かい部分だ。盤石なのはエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)。ほかは試合にならにとわからない部分が多い。
2枠しかない日本女子の代表争いもしかり。現時点では三原舞依(シスメックス)と樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が抜けている。三原のプログラムは昨季から雰囲気が一変、幼さが抜け、ものすごいインパクトがあった。樋口はトラジションが多く、難しいプログラムを滑っている。ジャンプでミスをしなければ、得点は出る。
もっとも女子は衣装や、ポニーテールを結ぶ位置など「こんなささいな?」という変化が差につながることもある。シーズンが始まったら、状況が変わる可能性は十分あると思う。


女子のポニーテールのことなどさすが、大輔氏。
こういうことを男性が指摘するなんてことは、私は見たことがなかった。
最近は多方面に活躍の大輔氏だが、やっぱりスケートにかかわってくれるのはうれしい。

次回はいつだろうか。
楽しみに待っていたい。

真央さんは・・・マラソン挑戦、パリ旅行。。。
引退後は自由にいろいろなことにチャレンジかな。
大輔氏が引退後、アメリカに行ったように・・・

これも必要なのかもしれしれないが・・・
おばさんはいろいろ気をまわして、心配になってしまうのです。

ファンとは・・・困ったもんです。



週刊誌はうるさい!


だいまおスイス (2)
スポンサーサイト
 

バラ1年生

念願の自分の庭ができてから、半年がずぎ・・・
庭の植物たちはいろいろな表情を見せてくれました。
冬を過ごし、華やかな春を迎え、そして梅雨。これからは初めての夏を迎えます。

四季のある日本に生まれてつくづく幸せだな~と思います。


以前何度も挑戦しようと思っていたバラ。
本だけは買い、何度かあれた庭に植えてみたけれど・・・なかなかうまくいかず(涙)

せっかく狭いけど庭ができたのだから、夢よもう一度・・・です。

我が家のバラさん達

スーパースター(縮小)
スーパースター

つるアンクルウォルター(縮小)
つるアンクルウォルター

この二つのバラさんたちは、以前の荒れ地にところに植えて、悪条件にも負けずに、育ってくれました。
病気になっていたけど、何とか持ち直してくれました。
感謝。
これからはお世話をさぼらないからね~~

ピエール(縮小)
ピエール・ロンサール

つるイブ・ピアッチェ(縮小)
つるイブ・ピアッチェ

このふたつは庭を作ったときに植えたもの。

ピエールさんは花を咲いて見せてくれたけど、ピアッチェさんは小さい苗だったので、まだ成長中。花はまだお目にかかってないので、毎日楽しみに見てます。

Qエリザベス(縮小)
クィーン・エリザベス

オクラホマ(縮小)
オクラホマ

この二つのバラさんは、それぞれ違う園芸店で、売れ残り・・・?だったかもしれないバーゲン品。

隅っこでさみしげだったので持ち帰ってきました。
でもすくすく育って、つぼみもつけてうれしいです。

本を読みながら楽しんでお世話していきたいです。

心新たに

バラ一年生


楽しみます。





 

腹ペコあおむし  レモンの木の受難

梅雨ですが、思ったより過ごしやすいので、ほっとしてます。

庭ができてから、涼しくなったような気がするんですよね。
植物の力でしょうか。

木も何本か植えてもらって、風が吹くと涼しげな音がして気持ちがいいのです。

レモンの木も植えて、実がなるのを楽しみにしているのですが・・・

レモンの木(縮小)

ある時、レモンの木から「パリパリ」と不思議な音がするのですよ~

ふっと見たら・・・あ、あおむしちゃん・・・・(汗)

アゲハ蝶の幼虫(縮小)

よ~く見たら4匹くらいいたんですよ。

最初は「ギョッ」としましたが、毎日観察しているうちに、愛情が~

でも大変なのはレモンの木。

食欲がすごいのなんの~

レモンさん、裸になっちゃう?っていうくらい(°_°)

でも、ある日突然いなくなってしまった~

さなぎになった?っと思ったけどそれしいものは見当たらず・・・

小鳥ちゃん・・・かな

いや、どこかでさなぎになっていることを信じているのですけど・・・
悲しかったです(;_;)

今は小っちゃいあおむしちゃん一匹。

どうか無事にアゲハになってください。。。と願ってます。

レモンの木も頑張って大きくなってね。





 

庭談議

今日(16日)の午後、友人が訪ねてきてくれたので、庭でカフェ気分。

彼女も庭仕事が大好き。以前頑張りすぎて、腰を痛めてしまったほど・・・
その時はしばらく庭には出なかったようだけど、無理しないように始めたとのこと。
よかった~

彼女は最近(ここ数年)紫陽花にはまっているという。
毎年1株ずつ増やしているらしい。
是非1度見せていただきたい。

庭でカフェ気分(縮小)
友人が買ってきてくれた🍰でお茶しました。


庭談議は楽しい~🎵


 

可愛いサンタ

最近のわたくし・・・家庭の諸事情により、在宅の時間が長いのです。

私の年齢ならば、子育ても終わり人生も後半戦、いろいろ好きに出かけられるはず。。。
と若いころは思っておりましたが、そうはいかないのが現実(涙)

まあ、だから庭も好きにさせていただいたのですけどね。

悲観していても仕方がない~家にいるといいこともあるもので・・・

趣味三昧の日々・・・なのです。

これもその一つ。

可愛いサンタ(縮小)

いろいろ間違いはあれど・・・やっとここまで出来ました~。

でもこれで出来上がりではないのです。
これから、アウトラインステッチで輪郭を作っていきます。

あと少し~ここまでできたこともうれしいのです❤

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。