愛ちゃん 幸せ金メダル級

「9月1日に入籍しましたことをご報告させていただきます」

リオデジャネイロ五輪の卓球女子団で体銅メダルを獲得した福原愛さん(27)=ANA=が今月初めに結婚した夫で、同じく卓球のリオ五輪台湾代表の江宏傑(27)と21日、東京都内でそろって記者会見した。
福原さんは、「私は小さいころから日本中のみなさまの応援していただき、今日の日をむかえられたと思っています」と話した後、江さんを紹介。江さんは、緊張の面持ちで「愛さんは、一緒にいると、いつも温かく、大きな気持ちで包んでくれる」と話した。
(朝日新聞 夕刊)

愛ちゃん結婚会見

愛ちゃん結婚会見2
(お借りしました)

愛ちゃんすごくきれい~❤

素敵な人と巡り合えてよかったね💑

末永くお幸せに・・・


こちらの姫は・・・

ブルーの真央(縮小)

平昌の後は・・・?

愛ちゃんに負けないくらい幸せになってほしいなあ~☆


大真央ILトーク(縮小)


だいまおスイス (2)

この2枚のお写真は、このブログの内容とは関係ありません~
ブログ主の趣味です!(^^ゞ




スポンサーサイト
お正月の風物詩、箱根駅伝。

今年も沿道に出て応援してきましたよ。 往路も復路も。
これは我が家の大事なお正月の行事

2016年駅伝(縮小)

娘たちは行かないけれど、主人と私は毎年沿道で応援している。
今年、ちょっと違ったのはいつも見ていたところより、少し海側に移動したら、洋服の大型チェーン店の駐車場で市の青年団が炊き出しをやっていた。
無料で豚汁、お餅、お酒などを配っていた。
長年見てきたけど、こんなことをやっているなんて初めて知った
せっかくなので、主人と二人で豚汁をごちそうになった。うどんも入っていてなかなかのボリューム
しかしこの日はとにかくいい天気で暑くて~
汗っかきの主人は汗だくになって食べていた。

結果は青山学院大学の圧勝。
特に応援している大学はないのだが、まあ、主人と次女の母校は一応気になる。(この時ばかりは父娘間で静かな火花が散る)
どこの大学の選手でも走っているのを見るのが好き。

我が家の近くの区間は往路が3区、復路が8区。
選手たちは小柄で細い学生が多くて、風に飛ばされないだろうかと心配になる。
幸い風のない日だったが、往路の箱根の山頂は強く吹くところがあって、青学の神野君は少しよろけたところがあったみたいだったけど、無事にゴールできてよかった。他の選手たちも・・・

今年も感動させてもらったけど、繰上げスタートを見るのはつらい。
直線で姿が見えたら待ってあげて~と思ってしまうけど、これも勝負。
来年は繰上げがない事を祈る。

駅伝のようなスポーツはいい。
よーいドンで走って、一番先にゴールしたのが勝ち。
誰の目にも勝敗は明確。
凄く気持ちがいい。

フィギュアのように総合芸術のようなスポーツもいいけど・・・たまにモヤモヤしたりする。
好きな選手の演技があまり評価されないと「なんで!」と思って怒りたくなったり
精神的には疲れる競技だけど、これもまた魅力だったりする。

話がそれた。

箱根駅伝。ここ、湘南に住んでいる限り沿道に出て応援したいと思っている。
新春の空の下、懸命に母校の襷をつなごうと走る若者たちの姿を見に・・・


今年は主人の母校と娘の母校もシード権を獲得した。
家族内で険悪にならないで済んだのでよかった。
(とばっちりがこちらにくるので~

皆さん、お元気ですか~

しばらくブログをサボりました

リフォームもめどがついてやれやれ・・・と同時にロンドン五輪に夢中になり~(最初はなかなかのめり込めず・・・)
寝不足の毎日・・・そして猛暑の午前中は睡眠~という日々を送ってしまってます。
やらなきゃいけないことはたくさんあるのに~

どの競技にもドラマがあって感動するけれど、特に心を打たれたのは、競泳の最終日のメドレーリレー・・・
特に男子・・・もう見てて涙でた。

今大会、3大会金メダルの期待のかかった北島康介。 
私も彼には是非メダルをとってほしかった。  
でも・・・なんとなく北島に前回まで感じていたギラギラとしたものが感じられなかった。
その瞳は遠くを見ているかのように優しかった。
それでも惨めな負け方はしなかった。
今の自分の力を出し切ったのは流石だ。 
でも、彼にメダルがないのは信じられなかった。 そして寂しかった。

それでも北島は自分を追い越していく後輩達をたたえ、全力で応援した。

そんな北島の姿に後輩達が燃えた。

朝日新聞 康介さんを手ぶらで帰さない

「康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかない」

競泳男子400メートルメドレーリレーに出場する松田丈志(28)、入江陵介(22)、藤井拓郎(27)の3選手は誓った。何をすべきか。今大会、まだメダルなしの北島康介選手(29)に、遠慮なくアドバイスすることだった。
レース前、4人で練習した。個人種目と違い、リレーではスタート台で助走したり、腕を振ったりできる。その分、慣れないと難しい。
予選で北島選手」はまっすぐ飛べなかった。藤井選手が北島選手に、腕を途中で止めて飛び込むように、と言った。3学年下の藤井選手は「康介さんがキーっすよ」と冗談めかした。
レースが始まった。背泳ぎの入江選手が2番手で戻ってきた。次が北島選手。

「足引っ張れねえな、これは」

後輩直伝のスタートで飛び出した。アテネからのライバル、ハンセン選手(米)を抜き、先頭でタッチ板をたたく。松田選手へ。北京五輪主将からロンドン五輪主将への引継ぎだ。最後は藤井選手が2位を死守、男子メドレーリレー史上初の銀メダルをもぎとった。

男子にいい流れでバトンを渡したのは、女子メドレーリレー陣だった。寺川綾選手(27)、鈴木聡美選手(21)、加藤ゆか選手(25)とつなぎ、上田春佳選手(24)が粘って3位。「男子にも勢いをつけたい」。レース前に話していたとおりになった。
寺川選手は、表彰台で日の丸が揚がるのを見て泣き出した。「待っていたのはこれだ、と思って」
北島選手は言った。

「みんなのおかげです。感動、悔しさ、チームとしての喜び。五輪で成長させてもらったと思う」

「楽しかった。チームメートと泳いで、ずっとライバルだったやつと泳いで」

ベテランの存在感、台頭する若手、強くなった競泳日本。メダル11個は戦後最多、史上2番目だ。
選手、コーチ、スタッフと、全員で手に入れた。北島選手の胸に光る「銀」は、過去2大会の4個の「金」と同じぐらいの輝きだった。(阿久津篤史、石橋英昭)


競泳男子 競泳女子
日本競泳陣

選手達の北島選手を尊敬し慕う姿に思わず心が震える。

「競泳は27人でつなぐリレー、メドレーリレーの最後の選手がゴールするまで気持ちは切れない」

入江選手のこの言葉・・・歴史に残る名言だと思う。

日本競泳陣に拍手!


仲がいいんですね~ 男女とも!

フィギュアと重なります
テーマ:ロンドン五輪
ジャンル:スポーツ
私自身はスポーツは全く苦手! 健康のためにジムには通っているけど・・・
でも観るのは大好きです。もっぱらテレビ観戦ですけどね~

観るのは何でも好き。大ちゃんは別格だけど・・・サッカーも観てます。

かつて日本代表として活躍した宮本恒靖氏。知的で冷静、でも時には熱く審判にむかっていく。
中国との試合で完全アウェーで怒号の中の試合で、あまりにもコートコンディションが悪いのを審判に訴え、PKの位置を替えさせたのは記憶に鮮明に残ってます。
中田英寿とはまたちがう魅力を持っていて、結構好きな選手でした
そんな宮本氏の記事が昨日の日経新聞に載っていました。

日本経済新聞 アナザービュー 大学院へ、宮本氏の挑戦
スポーツ選手にとって引退した後の第一歩をどう踏み出すかは悩みの種だ。競技に一心不乱に打ち込んだ選手ほど、その後になにをすればいいか途方に暮れる。プレーするよりエネルギーを注げるものがこの世にあるとは思えないのだろう。
それなりに実績も残した選手にはメディアでの仕事が止まり木になったりする。ただ、社会勉強と充電をかねた評論活動も長く続けると「色」がついてしまう。知名度はアップし話芸も磨かれるが、周りに「監督やコーチに戻る気はないのだろう」と勝手に思われたりする。
指導者の世界に身を投じても長くコーチを続けると、いつの間にか「コーチ向き」のレッテルを貼られるからやっかいだ。それで指導者志望の元選手から相談を受けるたびに「どんな小さな所帯でもいい。やる気があるなら最初から監督を」と助言する人がいる。
16日に神戸で引退試合を行う元日本代表の宮本恒靖氏(35)の身の振り方は知的なプレーで鳴らしたこの人らしい。今年9月から国際サッカー連盟(FIFA)が運営する大学院の修士課程に身を置き、来年7月まで英国、イタリア、スイスの3カ国でスポーツに関する組織論や法律、歴史などを学ぶ。座学だけでなくウィンブルドンテニスの舞台裏をのぞくような講義もあるという。
もともと「マネジメントには関心があった」と宮本氏。この大学院に挑戦するJリーガーは初めてだが、世界中から集まる同級生のプロフィルを見ても「元サッカー選手はたぶん自分だけ」クラスでは異色の存在で「うまく溶け込めるかな」と笑わせる。
12日に開かれた壮行会では出席者の福西崇氏や田中誠氏ら、かつての仲間から「ツネらしい」「常に世界を見て挑戦している」といった言葉を送られたという。
1993年にJリーグをスタートさせたころ、当時の日本サッカー界の重鎮に「成否を握るのはアドミニストレーション(経営)」と言われた。プロ化が成功すれば優秀な選手が育ち、プロの指導者も出てくる。が、企業マインドとサッカーマインドを併せ持つ人材はこの先どこからどうやって・・・。「サッカーの地位を向上させたい」という宮本氏の次なる一歩はその難問への挑戦でもあるだろう。(武智幸徳)


彼は教育者の両親を持ち、サッカーに打ち込みながらも勉強もやる、まさに文武両道の選手。語学堪能であの容姿!(そこかい) サッカー界だけでなく、日本のスポーツ界のためにも頑張って欲しいです。

香川選手のマンU移籍でにぎわってますが、この宮本氏のFIFA大学院挑戦も注目して欲しいです
もしかしたらそれよりももっと意味のあることかもしれません。宮元恒靖氏(サッカー)
お借りしました。  
しかし、この方もイケメンですな~   大ちゃんのほうがいいけど・・・


この記事を書いている最中に今日のPIWに行ったnaoさんからメールが・・・
ご自分で書いたイラストを渡して、それを抱えてにっこり笑っている大ちゃんの写真が送られてきました~
うらやまし~~~  思わず叫んでしまいました いいなあ~~~~
テーマ:サッカー
ジャンル:スポーツ
今朝のニュースで知って、びっくりしました。 一瞬言葉が出なかった・・・

朝日新聞  ダーレオーエン選手急死 26歳 競泳100平世界王者、合宿中 

競泳の男子100メートル平泳ぎの世界王者、アレクサンドル・ダーレオーエン選手(ノルウェー)が米アリゾナ州での合宿中に急死した。ノルウェーの水泳連盟が1日に発表したとAP通信が伝えた。26歳だった。
この種目の2008年北京五輪の銀メダリストで、昨年の世界選手権(上海)では北島康介選手(日本コカ・コーラ)を破り、優勝している。今夏のロンドン五輪で200メートルとあわせて3大会連続2冠を狙う北島選手の100メートルでの最大のライバルと目されていた。
報道によると、ダーレオーエン選手は4月30日、アリゾナ州フラッグスタックでの合宿中に、バスルームで倒れているのを発見された。心臓発作と見られる。近くの病院に運ばれ、死亡が確認された。詳しい死因は明らかにされていない。


北島「涙がとまらないよ」

北京五輪翌年2009年11月。ダーレオーエン選手は、北島を育てた東京SCの平井伯昌コーチを訪ねて来日した。このとき夕食をともにする機会を得た。ノルウェーで建築を学び、オフにはアウトドアで体を鍛える好青年は「時間が取れれば北海道に寄ってスキーがしたい」と話した。つたない私の英語に耳を傾けて、しっかり目を見て話をする姿が印象に残っている。
北島が北京五輪以来となる国内復帰レースに選んだ東京SC招待記録会に一緒に出場した。「世界一の北島選手を育てたコーチが、どんな指導をするのか知りたかった。快く受け入れてくれて感謝している」と平井コーチへの謝辞を述べ、北島の復帰を素直に喜んでいた。「高速水着が禁止されて、これからは本当の意味で泳ぎの技術の勝負になる。北島と再び世界の舞台で競い合うことが楽しみだ」と話した。
23歳で挑んだ北京五輪では予選、準決勝で五輪新を連発した。決勝では世界新を出した北島の敗れて銀メダルに終わったが、競泳でノルウェー初の五輪メダリストとして、母国で高い評価を受けていた。北島を破って金メダルを獲得した昨年の上海世界選手権の直前にノルウェーでテロが起きて、レースを終えた彼は事件に触れて涙をながしていた。その時4位に敗れた北島は「完敗。情けない」と弱音をはいたが、その夏の終わりのインタビューで「ロンドン五輪では100メートルも勝負したい」と雪辱を誓っていた。
米国で練習を続ける北島は日本時間1日午後10時過ぎ、自信のツイッターで、こうつぶやいた。

「涙がとまらないよ」        (堀井正明)

北島康介 「良き友、良きライバルであったダーレオーエン選手の突然な死に驚いてます  この1年、彼を目標にしてきました。五輪で戦えることを楽しみにしていたし、彼も五輪を楽しみにしていたと思います。まだ信じられません。全ての関係者の方に心よりご冥福をお祈りします」



ほんとに残念でなりません。 いったい彼に何が起こったのでしょう。
五輪まで後少しだったのに・・・
ご冥福をお祈りします。


偉大なライバルを失った北島選手。 これから気持ちの整理とモチベーションの持ち方が大変とは思いますが、
ダーレオーエン選手の分も頑張ってほしいです。
テーマ:水泳
ジャンル:スポーツ