12 | 2014/01 | 02

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ローリエ

Author:ローリエ
元フルート奏者。
夫、子供2人、愛犬2匹と神奈川県湘南地区に住む。
趣味は、音楽、美術など芸術鑑賞。料理、園芸、手芸、散歩、スポーツ観戦(テレビ、特にフィギュアスケート)
最近はガーデニングに目覚める。


自宅でパン教室を開いている。現在、自分のスキルアップの為パソコン教室、料理教室に通っている。
いつか、料理教室も開くのが夢。

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ウィンナーロール&シナモンバンズ

今日はパン教室でした。

ウィンナーロールとシナモンバンズ

ウィンナーロール(縮小) ウィンナー

シナモンバンズ1(縮小) シナモン

ウィンナーロールは牛乳のはいった生地にマスタードを塗って粗挽きウィンナーを芯にして巻きました。
塗り黄身をして、ケシの実でお飾り。

シナモンバンズは卵とバターがたっぷり入った生地にシナモンシュガーとレーズンを入れて巻いたパン。
ほんのり甘い、大人の味

ポトフ(縮小)
ポトフです

1月のアップルケーキ(縮小)
アップルクーヘンアイスクリーム添え


思ったより暖かくなかったですね。

寒い冬の我が家ではポトフが大活躍します。

暑いうちに召し上がれ~
スポンサーサイト
 

クロワッサン

今日(17日)は今年初の教室でした。

クロワッサンです。

今日のクロワッサン(縮小)
小ぶりですけど、美味しいです

クロワッサンやデニッシュ系は、真冬限定です。
生地にバターを包むようにして作るので、バターが溶けにくい冬に作るようにしてます。

少々難しいけど、生徒さん達楽しそうでした


今日の料理は牛肉のビール煮、シーフードサラダにしました。
・・・が、なんということ、写真を撮るのを忘れてしまいました~(涙)
美味しそうだったのに~

デザートは撮りました

こちらです。
マドレーヌ・ア・ラ・カルト(縮小)
前日に作ったマドレーヌを切って並べ、その上にバニラアイスクリームとドライフルーツの洋酒漬けをかけたものです。
名付けて、マドレーヌ・アラモード
なんちゃって・・・

こんなふうにして食べても美味しいですね。


久しぶりの教室だったので、生徒さんたちもすごく楽しんでくれて、お喋りも弾み~
気が付いたら午後3時を過ぎてました

時間が経つのは早い。

皆さん、来月もお待ちしてます~

次の教室は来週です。

また頑張ります
 

今年初めて・・・です。

今年になってから、体調がすっきりせず・・・
寝たり起きたりを繰り返してしまいました~

今年からいろいろ頑張ろうと思っていたのに~~~~です。


でも、明日から教室も始まるし、本調子に戻さねば・・・と徐々にですが動き出しました

そして~今年初焼きです。

2014年初焼き(縮小)
自宅用の大型食パン

これを朝食で・・・ある日の朝食です
ある日の朝食(縮小)(ハニートースト、巣篭り卵、オニオンスープ)

ハニートースト(縮小)
ハニートーストにして食べるのが好きです

最近、蜂蜜にはまってます。
紅茶に入れたり、ヨーグルトにかけたり・・・元気が出ます!
体が欲しているのでしょうか~

マヨネーズ+マスタード+蜂蜜でチキン+キャベツ(生、ちぎる)を和えるとおいしいですよ~


さあ~明日の教室、がんばります
 

日本のペア ソチへ

先週の木曜あたりから体調を崩して寝込んでました~コメントは書いてましたが・・・(唯一の楽しみだったんで)
その間にビッグニュースが

10日の朝日新聞の夕刊

高橋・木原組が個人でもソチへ フィギュアペア
フィギュアスケートでソチ五輪の団体要員として日本代表に選ばれたペアの高橋成美、木原龍一組(木下ク)が、個人種目にも出場することになった。日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長が10日、国際スケート連盟から連絡があったことを明かした。
エストニアが昨年9月の五輪最終予選で獲得した枠を返上し、補欠1番手の日本が繰り上がった。
高橋はカナダ人のマービン・トランと組んで2012年世界選手権で3位。五輪出場を見据えてトランが日本国籍取得を目指したが、要件を満たせずに断念。その後ペアを解消し、シングルだった木原と昨年1月にペアを結成した。
日本のペアの五輪出場は1998年長野以来。自国開催以外では92年アルベールビル以来となる。


成るちゃん&木原君、おめでとう~

よかった~

団体戦もあるから、日程は厳しいだろうけど、オリンピックで2回も演技できるなんて、きっと今後に生きてくる

二人とも燃えているでしょうね

がんばれ~ 成龍ペア!

成美&龍一ペア(縮小)

成&龍デビュー戦フリー
 

明日は成人式

明日は成人の日ですね。
お天気もいいようだし、寒いらしいけど。。。

実はうちの次女も成人式なのです。
ただ、彼女は少し変わっていて、「着物は着ない!写真も撮らない!化粧もしない!」
の一点張り・・・
説得できず、明日は入学式で着たスーツ(しかもパンツスーツ)で式典に行くらしい。

小さいときに男の子にスカート捲りされてからいっさいスカートをはかなくなった。
中学の時、スカートが嫌で私服の中学を受験。それも塾は嫌で自分で勉強していたけど、受かるわけもなく・・・3年間は我慢して、高校にいったら校長に掛け合ってスラックスで行くことを認めさせた。
まあもともと学校側は女子のスラックスも検討中ではあったらしいので、娘の意見がこの提案を後押ししたってことでしょうか。

大学も体育学部だから、もっぱらジャージで通学。。。週末は母校のバスケ部のコーチに行ってるからこれまたジャージ。。。

親が言うのもなんなんですが、結構きれいな顔立ちしてるから飾ればいいと思うんだけど・・・
本人その気なし。


でも助かったかも。。。実は私、先週から体調が悪くて寝込む始末。主人に移してはいけないので、ホテル暮らしをしてもらってる。
だから明日はお祝いの雰囲気ではないのです。。。


着物は着ないだろうなと思っていたので、それに代わるのもとしてあるプレゼントを用意してある。
果たして喜んでくれるだろうか。
たぶん、使わないと言われそうだけど。。。

真珠のアクセサリー一式。

使わなくても私の形見にもなるだろうと思って、夏に購入した。


結婚して翌年に長女が生まれて、なかなか次の子に恵まれなくて10年、あきらめかけていた時に授かった次女。
親として長女とは違った経験をさせてくれた。

主人も私も長女もスポーツは得意ではないのになぜかスポーツが好きで小さい頃はサッカー、中学、高校とバスケ部。
背が高かったからずっとレギュラー。

勉強も数学が得意で我が家で唯一の理数系。。。
理系大学を目指すも「大学は好きなことをやりたい」と体育学部へ。


今日も後輩たちの指導に出掛けている。


着物姿も見たかったけど・・・

生まれてきてくれてありがとう。20歳の成人 おめでとう。。。

20歳のプレゼント(縮小)
20歳の記念に・・・


 

激励会&壮行会 忙しい大輔氏

昨日は激励会や壮行会で忙しい一日だったようですね

朝日新聞 高橋、金に意欲
ソチ冬季五輪のフィギュアスケート男子代表の高橋大輔(関大大学院)と町田樹(関大)が8日、関大(大阪吹田市)で行われた壮行会に参加した。
学生やファンら1千人以上が集まり、会場には立ち見も出るほど。バンクーバー五輪銅メダリストの高橋にとって、3大会連続の五輪。高橋は「人生最後となる五輪で最高の演技をしたい。金を取ります」と宣言した。
初出場の町田は「自分にとって未知なるフロンティア。わくわくしている」。

日経新聞 「4回転も練習」高橋が回復強調 フィギュア男子
ソチ五輪フィギュアスケート男子代表の高橋大輔(関大大学院)らが8日、大阪吹田市の関大で開かれた壮行会に出席し、前回のバンクーバー五輪銅メダルの高橋は11月に痛めた右脚の回復ぶりを明らかにし「正月明けからジャンプの練習もして、順調にきている。4回転ジャンプも跳んでいる」と語った。右脚の状態については「80%くらい」という。

関大壮行会

関大壮行会2

P&G壮行会(縮小)
こちらはスポンサーのP&Gの激励会。社員さんたちだそうですが、女性ばっかり・・・ 
私を含め、全国の大輔ファンが社員さんになりたいと思ったことでしょう~~~

P&G壮行会 (2)
お母様からのお手紙も紹介され、感動的な激励会だったようです

お母様のためにも頑張ってほしいな。


年明けから練習・・・
怪我も良くなっているようだけど・・・

どうか、このまま順調に練習ができますように~

 

3回転半貫く信念 浅田真央

真央ちゃんの記事です。8日の日経新聞

すでに一つの結論を出していたように見える。昨年末に行われたフィギュアスケート全日本選手権のフリー。
トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)2本に挑んだ。
ともに失敗に終わったが、浅田真央(中京大、23)は迷わす言った。「自分としてはこれが当たり前というようにしたい。チャレンジとかではなくて、これが自分の基礎、ベースのプログラムだと思っている」
大技トリプルアクセルをショートプログラム(SP)1本、フリーで2本の計3本組み込むプログラム。
12月上旬のグランプリ(GP)ファイナルでも試みたが転倒などで不発だった。それでもソチ五輪に向けて浅田の信念が揺るぐことはない。
佐藤信夫コーチも2試合を見た上で、「時と場合によってだけど、最終的には何とか(本人の思いを)かなえてあげたい」と後押しする。もちろん腰痛を抱える体調面や練習での成功率次第で状況は変わるだろうがトリプルアクセル3本を目標に本番まで突き進むだろう。
3本に挑めるだけの土台をしっかりと築き上げてきた。全日本では3位と振るわなかったものの、今季は3戦連続で合計200点を越え、ファイナルも制してGP3連勝。11月のNHK杯では207.59点と3年ぶりに自己ベストも更新した。ジャンプやステップ、スケーティングに表現力ー。スケートの基礎から見直し、全てが完成形に近づいている。
銀メダルに輝いたバンクーバー五輪ではトリプルアクセルを計3本成功させたが、シーズン序盤は苦しみ抜いた。ジャンプが変調を来し、GPロシア杯でゃ自己ワーストの5位と初めて表彰台を逃すなどGPファイナルにも進めなかった。「バンクーバーの頃と比べれば、調子も自分の気持ちもはるか上にいっている」。
4年前とは五輪のスタートラインが違う。ライバルで前回金メダルの金妍児(韓国)の動向が気がかりだが、浅田は五輪の金メダル争いの中心にいる。
一方でトリプルアクセルはもろ刃の剣でもある。基礎点は8.5点と高く成功すれば得点源となるが、今季は11回試みて認定されたのは4回。出来栄え点は11回全てでマイナスと、完璧な成功は一度もない。
フリーで2本跳ぶと「体力的にも負担が増える」こともあり、3回転-3回転の連続ジャンプは回避。演技構成点の変更を余儀なくされ、結果的に基礎点は下がった。現状では大技が武器になっているとは言い難い。
大舞台へ向けて「戦力はない」と言い切る。目標は「自分が目指している最高の演技をパーフェクトに滑ること」。そこにはメダルをにらんだ打算はなく、23歳の純真な思いが凝縮されている。
バンクーバー五輪のことを聞かれると、浅田はメダルを取った喜びよりも、自分の演技が出来なかった悔しさばかりを強調する。4年間の悔しい思い、そしてスケート人生のすべてをぶつけるソチ五輪。最高の演技のカギを握るのは「自分にしかできない」トリプルアクセルだ。

N杯だいまお優勝!(縮小)
ソチでもこの笑顔を・・・

大ちゃんを可愛がっている熊川哲也氏。
以前真央ちゃんのプログラムに協力したいと言っていましたね。
真央ちゃんも熊川氏の舞台は観に行っているようですね。

熊川氏はきっと真央ちゃんにもエールを送って下さるでしょう。

決めるのはソチよ。。。と

 

二人のレジェンド 高橋大輔への助言

最近、情報が多くて追いついていけませんが・・・

もうだいぶ日が経ってしまいましたが、毎日録画を見ているので、そう思えませんが。

大ちゃんにとっていい対談がありましたね。

熊川哲也氏と北島康介氏

おふたりともそれぞれの世界で極めた方である。
そんなおふたりからお言葉をいただいた大ちゃん。
必要な時にピッタリの人物を引いてくる大ちゃんはやっぱり何かを持っている人。

熊川氏
きめるのはソチよ
言わせたい奴には言わせておけ
中途半端な同情はいらないよね
みんなおれを見に来たんだろう~だったら見せてやろうじゃん
「お願いします」はもう卒業した方がいい。
大輔が壊れたらスケート界の損失

聞いてて爽快だった。ソチに臨む大ちゃんにとって必要なことばかりだったような気がする。
大ちゃんも27歳のベテランだけど、彼は人の言葉に素直に耳を傾ける純真さがある。
きっといい影響を与えてくれたと思う。

大ちゃんが目指す人物像・・・それが熊川氏。

熊川氏も日本では女子が目立つバレエ界で男性ダンサーの地位を確立させた先駆者。
昔からビッグマウスは有名だったけど、そうしなければやっていけなかったんだろう。
東洋人のダンサーに対して偏見の多い(たぶん)欧州でトップを取ったのだから、その苦労と努力は並大抵の事ではなかったと思う。
だから、この人のビッグマウスは嫌味がない。(私はそう感じる)

オーラも凄い。
大ちゃんが子供に見えた。(ごめん大ちゃん)

観たいな~高橋大輔&熊川哲也のコラボ


北島康介氏
対談はNHK杯後だったみたいだから、ファイナル出場も決めてほっとしているところだったかもしれない。
大変と言いながら少し余裕が感じられた。
北島氏はオリンピック4大会出場で金メダルも4個(かな?)とっている。
金メダルを目指す大ちゃんにとって、具体的な助言だったのでは・・・

気持ちを常に安定させる。
金メダルを取るのは自分だと信じる。

実にわかりやすい。
ロンドンでは疑ってた、だから取れなかった。

これぞ「経験者は語る」ですね。

今の大ちゃんにはこの言葉からも凄い勇気をもらったと思う。

こんな偉大な方々から応援される大ちゃん。

でもこれは大ちゃん自身がスケート界で努力して実績を残してきたからこそ・・・


高橋大輔 あなたもレジェンドです。

そしてそれはソチで確固たるものになる・・・と信じてます。

大輔&熊川氏(縮小)
大輔&熊川氏 美しい男達~いつまでも見ていたい

大輔&北島(縮小)
大輔&北島氏  かっこいい男達~こっちもずっと見ていたい
そして・・・

「きめる」大輔(縮小)
大ちゃんの決意いい顔してます





女子選手とも対談があったけど・・・

かつてはこんな対談もありました

だいまお対談(2009年)(縮小)
バンクーバー前のジャパンオープン後です。

だいまお対談2(縮小)
大ちゃん若い!真央ちゃんかわいい~

真央ちゃん青衣装 (縮小)
この衣装、全日本時、着てましたね。

この時の大ちゃん。すっかり大人の雰囲気になった真央ちゃんにどきまぎ?

ほほえましい対談でした。

今対談したら、どんなこと話すのかな。。。


画像は全てお借りしました。
新聞記事の部分は、私のスクラップからです。

いや~スクラップしていてよかった~
 

荒川さんの記事

年が明けていよいよソチへのカウントダウンが本格化してきたと、新聞を見ても感じます。

今日から朝日新聞で連載が始まるようです。
荒川さんの記事が載ってました。

冬空に舞う
イナバウアー演じた理由 トリノ五輪金 荒川静香さん
ソチ五輪の開幕まで約一カ月。8年前、トリノ五輪でフィギュアスケート金メダルに輝いた荒川静香さん(32)が、五輪の魅力について、朝日新聞の取材に語った。世界を魅了した「イナバウアー」は本番のわずか一カ月前、演技に入れることを決めたという。そこに込めた思いを明かした。

イタリア・トリノのパラべラ競技場。2006年2月23日、荒川さんは表彰台の一番上に立った。日本フィギュア史上初の五輪金メダル。「信じられなかった。でも、滑っていてすごく心地良かった」
快挙を引き寄せた理由が、フリー演技で見せたイナバウアーに詰まっている。得点に加算されないと知りながら、あえて演じた理由がある。

「個性を出せ」
本番まで約一カ月のことだ。コーチのニコライ・モロゾフ氏が思いがけないことを口にした。「得点だけを重ねるのがフィギュアじゃない。技術性と芸術性が備わった競技だからこそ、個性を表現しろ」
得意にしていたイナバウアーの要求だった。
得点に一番こだわり続けたコーチの言葉に、荒川さんは驚き、反論した。「(イナバウアーの)直前の3連続ジャンプを確実に決めるには、やらない方がいいんじゃないですか」
コーチは言った。「トレードマークだろ。自分らしさを出せ」
その言葉が、五輪を目指す意味を思い出させてくれた。
ひらひらするスカートに憧れ、5歳でスケートを始め、七夕の短冊に「五輪に出たい」と書いて育った。
1998年の長野五輪。高校1年で出場したが、結果は13位。独特の空気と観客の多さに飲み込まれた。
「世界へのチャレンジで扉を開けたら、先の世界はあまりにも大きかった」そして「五輪には一度行けたから、もう満足」。02年のソルトレークは目指すこともしなかった。
「スケートより、地に足を付けた生活が大事」と大学へ進学した。両親への感謝があった。「老後のために貯金するべきお金を、一人っ子の私のスケートに投資してくれた。私が安定した仕事につかないと、将来支える人がいない」
大学2年の時、「長年やってきたスケートを納得できる形で終わりたい」と決める。すると、大学卒業式直後、04年世界選手権で優勝。だが、社会に出る同級生を横目に「スケートをしていていいのか」。そんな葛藤もあり、翌年の同じ大会で惨敗。だから「最後くらい、全力を尽くしてみよう」。そう思って目指したのがトリノだった。

心に残る演技
本番では、前半のショートプログラムを3位で折り返す。順位は考えないようにした。「『本当に自分が狙ってきたことは何なのか』って、何回も考えた」。優勝候補がジャンプで転倒しても、もう迷わない。
「『自分らしく、人の心に残る演技を』。そう誓ったのだから、他の目標を浮かべちゃいけない」
5秒足らずのイナバウアーに込めた思いだ。
振り返れば、試行錯誤の繰り返しだった。だから「五輪は、目指したすべてのアスリートに成長を促すのが最大の魅力」と確信している。目指した一日一日の積み重ねこそ「五輪」だったという。「本番は、その一日に過ぎないどれほど思いをかけて向き合ってきたかが大事」
大舞台に挑む選手たちに、伝えたいことがある。
「そのスポーツと出会って過ごせたことを、自分の財産にしてほしい。期待は、重圧を跳ね返してきた力があるからこそ。大丈夫。何も不安になることはない」(吉永岳央)



荒川さんにも葛藤があった。
迷いもあった。
これでいいのかって自問自答する日もあった。

最後は自分の気持ちひとつ。。。

成し遂げた人の言葉は重く心に響く。
アスリートではない私が読んでもズシッとくる。


あと一カ月。いつもならアッという間に来る日数。
でも、一日一日が重い。

ソチ五輪に出場する選手たちに与えられた時間は平等。

怪我明けの大ちゃん、腰痛をかかえた真央ちゃん。

今はどういう日を過ごしているのでしょう。

どうか、調整が上手くいきますように・・・




同じ新聞でだいまおみっけ

新聞(縮小)

嬉しくなってしまいました~


もちろん、そう思ってますとも




 

箱根駅伝

今年も観に行きました。箱根駅伝。

毎年大晦日から2日まで、主人の実家で過ごすので3日の復路だけですけど、ワンコを連れて観に行きます。
うちのすぐ近くを通るんですけど、その時テレビはニュースになっちゃうんですよね~

傍で見る選手達、みんな小柄で余計なものは何にもついてないって体型。
それにすごいスピードであっという間に通り過ぎて行ってしまいます。

沿道の応援も凄いです。選手が来ると旗ふって「がんばれ~」の声援。

どうか、全員無事に中継所まで行けますように・・・と祈ってしまいます。

選手が全員行ってしまうと、私のお正月は終わり~って言う気分。

以前にも書いたと思うんですけど、子どもの頃から箱根駅伝ファン・・・なんです。

大ちゃん真央ちゃんが出てくるまでは、フィギュアよりも心待ちにしてたかも~

お目当ての大学は2校あって・・・ひとつは上位でフィニッシュ(来年優勝期待してます)もうひとつは・・・
予選会からガンバ・・・です。

でもこれからも沿道に出て応援していきますよ

終わったばかりなのに、もう来年が楽しみです

2013年4月姫2(縮小)
一緒に行ったのはこのワンコ(姫)です。
ママ犬レディはお留守番。

駅伝旗(縮小)
沿道で配られてた応援の旗。
 

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます

昨年はこのブログに来てくださり、たくさんの楽しいコメントをありがとうございました。
今年も皆様とこのブログを通じてたくさん楽しいお話が出来るといいなと思ってます。
よろしくお願いします。


お正月らしくしたくて、テンプレートも変えてみました。
今週いっぱいこれでいこうと思います。

テンプレートを選ぶのもブログの楽しみの一つです。
季節や行事によってそれにあうテンプレートを探して、イメージ通りのを見つけた時は凄く嬉しいです
作ってくださっている方にも感謝です。

私のブログは結構テンプレートを変えていきますが、その時々で楽しんでいただけたらと思います。


大ちゃんと真央ちゃんの新年のご挨拶の画像をお借りしました。

真央ちゃん新年のあいさつ(縮小)

大ちゃん新年のあいさつ(縮小)

二人ともいい顔してます

いよいよソチですね。しっかり応援します!

MOIだいまお
MOIのだいまお

sochi-daimo_2014010300562968c.png
sochiDMさんの作品


もうすぐソチオリンピック

だいまおの笑顔でスタートです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。