08 | 2015/09 | 10

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ローリエ

Author:ローリエ
元フルート奏者。
夫、子供2人、愛犬2匹と神奈川県湘南地区に住む。
趣味は、音楽、美術など芸術鑑賞。料理、園芸、手芸、散歩、スポーツ観戦(テレビ、特にフィギュアスケート)
最近はガーデニングに目覚める。


自宅でパン教室を開いている。現在、自分のスキルアップの為パソコン教室、料理教室に通っている。
いつか、料理教室も開くのが夢。

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
 

突然ですが、ハンドルネーム変えました(^^)/

こんにちは~

今日は浅田真央さんの25回目のお誕生日ですね。  おめでとうございます


それとは全く関係ないんですけど、ハンドルネームを変えました。
「kedmlove」改め「ローリエ」です。

意味はないのですけど、気まぐれです。

だいまお愛が薄れたわけでもありません~。

これからも応援していきますよ。


これからもよろしくお願いします。

SOIだいまお笑顔



スポンサーサイト
 

真央が帰ってくる 1

日経新聞に真央さん特集が載ってました。

22日
迫真HAKUSHIN
気持ちは決まってます
JR新横浜駅から日産スタジアム方向へ歩いて5分、浅田真央(24)が生まれた1990年にオープンした新横浜スケートセンターが見えてくる。ここを指導拠点とするコーチ佐藤信夫(73)の元を浅田が1人で訪ねてきた。時は今年の「桜の散るころだった」
佐藤の言葉を借りれば、その表情は「不退転の気持ちが絶対あった」もの。1年はなれた競技スケートに復帰する固い決意の表れだ。「いつもながら唐突。前置きなく、いきなり結論ありきだから」。思い出す佐藤も苦笑するばかり。こうなったら浅田を翻意させることは誰も出来ない。

「自然と試合が恋しくなった」。5月18日、毎夏恒例のアイスショー「THE ICE」に向けた記者会見で、浅田は正式に復帰表明した。マネジメント会社IMGが浅田と連絡を取ったのはゴールデンウィーク明け。浅田が突然「(会見の場で)現役続行を伝える」と言ってきた。周囲は仰天した。
佐藤は3月に1度相談を受けていた。「大変なことだから『よく考えなさい』って言った。それっきり」。ほかの選手の指導で、浅田の練習拠点である中京大には度々通ったが、滑る浅田を見たことはなかった。相談も忘れかけていたところ「結論」を聞かされた。
再びリンクに立った浅田は以前ととは違う。かつては練習中、他人を遮断して独りになろうとした。いまは他のスケーターの輪の中に平気で入っていくし、佐藤の妻でコーチの久美子らと女同士で盛り上がる。
「以前は注目されすぎて、見ていてかわいそうだったけど、普通の人になってきた。大切なことだと思います」。復帰の意志を伝えに来た時も、自分の言葉できちんと説明した。 「随分大人になった」
6月、浅田は単身カナダのトロントに飛び、自らレンタカーを運転して人気振付師のローリー・ニコルを訪ねた。9日間スタジオで一緒に音楽を聴き、リンクで6~8時間をともに過ごした。 「真央は私の目の前でどんどん変化している」。浅田を14歳の頃から知るニコルの提案に、想像もしない表情、動きで浅田が応える。「『あ、それ取り入れよう』って。真央も(創作の)過程を楽しみ、一緒につくっていく場面が増えた」

まじめで少し従順すぎ、自分をあまり出さない。将来を想像できなかった少女が、母の死、2度の五輪、休養・・・・・。つらい時期を経て開眼した。「考え方が柔軟になった。(スケートだけでなく)人生には素晴らしいことがたくさんあると考えて働く方が健康的だわ」。ニコルが思う理想の女性、 「官能的で強くて勇気ある女性」を演じる時が来た。
復帰して最初に取り組むフリーは、イタリアの作曲家プッチーニの「マダム・バタフライ」だ。悲恋の蝶々夫人を演じる浅田は語る。「切ない話だけど、自分の意思を持って、希望に満ちた強い女性を演じたい
世界を見渡せば若い選手の台頭は著しい。「キャリアにケチがつく」「もう十分」「また見たい」。決断するまでにはいろんな意見に耳を傾けた。葛藤もあったに違いない。ただ、同じ名古屋出身で憧れの先輩、伊藤みどり(92年アルベールビル冬季五輪銀メダル)の言葉は胸にしみた。「後悔しないように決断してほしい」。やりたくてもやれない時は来る・・・・ならば浅田やる。
現役続行宣言から約2か月後、「THE ICE」で初めて大観衆の前に登場した浅田ははじけた。休養時間はトークショーをし、自ら振り付けしたフィナーレの振りを観客に教え、「一緒に踊りましょう」と呼びかける。出演者が着たTシャツもデザインした。
同ショーの振り付けを2007年から担当する坂上美紀は驚いた。「責任感はもともと強いけど、『私のショーだから頑張らないと』という感覚が生まれたみたい。でも昔より楽しそう。『自分の居場所はここだ』って戻ってきたからかな」
恋しくなって戻ってきたスケートのリンク。「ハッピーな気持ちが強いか」と聞かれた浅田はしばらく沈黙した。競技の世界は楽しいものだけの道ではないことを誰よりも知っている。 「気持ちは決まってます」。ひと呼吸置いて、きっぱりと答えた。(敬称略)

3度目の優勝を飾った世界選手権から1年半を経て、来月3日「ジャパン・オープン」で競技復帰する浅田を追う。

日経新聞(縮小)
(お借りしました)


ここまで真央さんの復帰への過程を詳しく記されたのは初めて見ました。
10代の頃は苦しくてもつらくても、傍には大好きなママがいた。ママのために滑る・・・それが支えだったのでしょう。
本当の苦しさはママを失った20代初めから始まったのでしょうか。
パパや舞さんのサポートはあったにせよ、孤独に戦っていたのでしょう。
切なくなりますが、彼女の強さを改めて感じました。

頂点も極めスケートの素晴らしさもつらさも全て知った真央さんの競技者としての再スタート。
応援は勿論するけれど、勝ち負けは意識しない。ただただ彼女のスケートが見たい。

官能的で勇気ある強い女性の演技を・・・


静かに見守りたい。。。


今日の一枚
だいまお鶴の舞(縮小)
応援してるよ~


 

おはぎ作り

シルバーウィークもあと一日。
Uターンラッシュが凄いみたいですが、皆さん気を付けてお帰り下さい。

私はどこにもいかず、家でのんびりを過ごしています。
庭仕事したり、パンを作ったり・・・
お彼岸だし、小豆ともち米があったのでおはぎを作ってみました。

おはぎ(縮小)

餡ときな粉と黒ゴマの3種類。

いつも通りの大きなおはぎ・・・

娘たちにいつも「大きすぎ」と笑われます。
それに今年のは甘さ控えめすぎて、ちょっと物足りなかった模様~
次回はもう少し甘くしてみようかな。

「おはぎ」というとちょっとした思い出があります。
子供の頃、母と祖母が季節になると作ってくれました。
今思うと、春は祖母、秋は母が作っていた記憶があります。

祖母は「ぼたもち」と言っていたので・・・
祖母の作る「ぼたもち」は真ん丸で大きかったです。
母のは俵型でやや小さめ。

今回のは祖母のに似ているかな~

祖母は季節に関係なくよく作ってました。
不思議だったのが、必ずおそばも一緒なんです。
そのおそばは冷たい日本そばで、青菜を絡めてました。
それが、あまい「ぼたもち」に良く合って、凄くおいしかったんです。

祖父母は静岡出身で、農家だった祖母の家では来客があると「ぼたもち」を作って、おそばをゆでてもてなしたそうです。
昔のおもてなしでしょうか。

「おはぎ」を作りながら、そんな事を思いだしました。 

祖母が亡くなって1年半・・・

いい思い出です。

今年は春の「ぼたもち」は作らなかったけど、来年は春の「ぼたもち」と秋の「おはぎ」、両方作ろうかな。

祖母との日々を思い出しながら・・・




 

やっぱりあったお宝映像~♪

一昨日はとんだ肩すかしだったけど・・・

やっぱりありましたね~ だいまおお宝映像

テレ東さん。この間の肩すかしはこれでチャラにします~なーんてね

(画像、お借りします)
2014年XOI練習1(縮小)
2014年XOI練習2(縮小)
大輔さんのこの笑顔~ 優しい~~

だいまお内緒話(縮小)
真央さん、可愛い~~
だいまお内緒話2(縮小)
内緒の話はあのねのね~

だいまお内緒話3(縮小)
優しい空気が漂う

真央さんの復帰戦にかける思い
大輔さんのエール

大輔さん、ジャパンオープンは観ていかないのかな。
生で真央さんの新プログラムを観ての感想を聞いてみたいなあ。。。

試合前の真央さんにインタビューとか対談とか・・・

いかん、欲張りになっている(自粛自粛)

初めて見る映像もあったのでちょっと興奮気味~


いつかまただいまおペアが実現することを祈ってます。
っていうか、信じて待ってます



今日の一枚
お姫様抱っこ






 

終わってしまった19日

楽しみにいていた番組のがっかりさに、すっかりブログ更新するのが遅れてしまいました

19日のうちに更新したかったのに~

まあ、特別なことはないのですが・・・

コホン、私のウン十9回目の誕生日でした~。
料理教室に行ったこと以外は特別なことはないもなかったのですが・・・

恒例の主人からのプレゼントはありましたが・・・

お花(縮小)
プレゼント2015(縮小)
大切に、玄関に飾らさせていただきました。

主人はほんとに昭和生まれかと思うくらい超亭主関白。
当然私にも厳しい~

ただ、感心なのが今まで私の誕生日を忘れたことがない。
結婚記念日や娘たちの誕生日は忘れるのに・・・
それには感謝しつつ~


さて、毎年の花のプレゼント。いつまで続いてくれるかな



今日の一枚
カザフ民族衣装だいまお

 

台風の去った後。。。

大きな台風でした。

私の住んでいるところも一時は避難勧告が出ました。
大事には至りませんでしたが・・・

栃木、茨木、千葉・・・そして東北。
大きな被害に見舞われてしまいました。
亡くなられた方、行方不明の方・・・

被害の大きさをニュースで見るにつけ、心が痛みます。

お見舞い申し上げます。

一日も早く心安らかに過ごせる日が戻りますように・・・


今回は何事もなかったけど、自然災害はいつどこで起こるかわからない。
備えも大切だけど、やはり毎日を大切に過ごしていきたい。

穏やかな日々を過ごせることに感謝して。



今日の一枚
ソチエキシだいまお3


 

夏の成果

8月はほんとうに暑かった~

旅行にもいかず(旦那が自営業になってからは全くなし!)、教室も休み。
高校野球を見ながらひたすらチクチク・・・と以前に書きましたね~

その成果は・・・

矢車草2(縮小)
3分の2ってところでしょうか。。。

前回は、
矢車草(縮小)
こうだったので、これよりは進んだのですが、目を数え間違えたり、色を間違えたり~~~
思ったより進みません~
予定通りにはいかないものですね。

予定より遅れるけど、作品がだんだんできてくるのは嬉しい
今月も楽しみます。


今日の一枚
素敵なふたり2(縮小)
 

フィナンシェ作り♪

昨日も今日も変なお天気です。
朝から雷がごろごろ・・・雷が大嫌いな我が家のワンコ達は大騒ぎ。。。
明日はどうでしょうか~

昨日は一日家にいて、ご注文頂いたフィナンシェ作り。
ブログでも何回かご紹介している焼き菓子。
卵白を使うので、卵白が溜まるとよく作ってました。(卵白は冷凍保存できるし、冷蔵保存もできます)

気に入ってくださった方もいて、最近はパン祭りにも登場してます。
今回は、リンデンさんからプレゼント用とご自宅用のご注文。

プレゼント用のラッピングをあれこれ考えるのは楽しいです

リンデンさんへ(縮小)
ご自宅用の食パンも

プレゼント用(縮小)
プレゼント用

今回はワイヤーバスケットに入れてみました。

実はこのラッピング、長女が手伝ってくれました
彼女は私よりはるかに器用。

これからは彼女がラッピング担当になりそうです。


お菓子作りは楽しい~

お天気が悪い日のお菓子作り おすすめです。


今日の一枚

Takahashia&Mao(縮小)
こんなの見つけた~

Daisukeがなかったのよね~


失礼しました。。。



 

9月です!

今日から9月。
ここしばらく涼しいですね~
エアコンを切っての生活。自然の風が心地よいです
いつの間にか夜が明けるのも遅くなり、日が落ちるのも早くなり・・・
このまま「秋」になるのでしょうか。
残暑がないのは助かるけど、農作物にとっては、どうでしょう。

9月になったのでテンプレートも変えました。

季節感をだしたいので、いろいろ変えて楽しんでます。

ここのところサボってばかりいたブログですが(大ちゃん引退からどーも調子が出ません、あはは~)
もう少し書いていこうかな~(内容は大したことない)
って思ってます。

よろしく。。。





今日のだいまお
素敵なふたり

砂漠に潤いを・・・「今日のだいまお」開始~

注意:あくまでも私個人の趣味