09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ローリエ

Author:ローリエ
元フルート奏者。
夫、子供2人、愛犬2匹と神奈川県湘南地区に住む。
趣味は、音楽、美術など芸術鑑賞。料理、園芸、手芸、散歩、スポーツ観戦(テレビ、特にフィギュアスケート)
最近はガーデニングに目覚める。


自宅でパン教室を開いている。現在、自分のスキルアップの為パソコン教室、料理教室に通っている。
いつか、料理教室も開くのが夢。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
 

北島康介と仲間たち 27人のリレー

皆さん、お元気ですか~

しばらくブログをサボりました

リフォームもめどがついてやれやれ・・・と同時にロンドン五輪に夢中になり~(最初はなかなかのめり込めず・・・)
寝不足の毎日・・・そして猛暑の午前中は睡眠~という日々を送ってしまってます。
やらなきゃいけないことはたくさんあるのに~

どの競技にもドラマがあって感動するけれど、特に心を打たれたのは、競泳の最終日のメドレーリレー・・・
特に男子・・・もう見てて涙でた。

今大会、3大会金メダルの期待のかかった北島康介。 
私も彼には是非メダルをとってほしかった。  
でも・・・なんとなく北島に前回まで感じていたギラギラとしたものが感じられなかった。
その瞳は遠くを見ているかのように優しかった。
それでも惨めな負け方はしなかった。
今の自分の力を出し切ったのは流石だ。 
でも、彼にメダルがないのは信じられなかった。 そして寂しかった。

それでも北島は自分を追い越していく後輩達をたたえ、全力で応援した。

そんな北島の姿に後輩達が燃えた。

朝日新聞 康介さんを手ぶらで帰さない

「康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかない」

競泳男子400メートルメドレーリレーに出場する松田丈志(28)、入江陵介(22)、藤井拓郎(27)の3選手は誓った。何をすべきか。今大会、まだメダルなしの北島康介選手(29)に、遠慮なくアドバイスすることだった。
レース前、4人で練習した。個人種目と違い、リレーではスタート台で助走したり、腕を振ったりできる。その分、慣れないと難しい。
予選で北島選手」はまっすぐ飛べなかった。藤井選手が北島選手に、腕を途中で止めて飛び込むように、と言った。3学年下の藤井選手は「康介さんがキーっすよ」と冗談めかした。
レースが始まった。背泳ぎの入江選手が2番手で戻ってきた。次が北島選手。

「足引っ張れねえな、これは」

後輩直伝のスタートで飛び出した。アテネからのライバル、ハンセン選手(米)を抜き、先頭でタッチ板をたたく。松田選手へ。北京五輪主将からロンドン五輪主将への引継ぎだ。最後は藤井選手が2位を死守、男子メドレーリレー史上初の銀メダルをもぎとった。

男子にいい流れでバトンを渡したのは、女子メドレーリレー陣だった。寺川綾選手(27)、鈴木聡美選手(21)、加藤ゆか選手(25)とつなぎ、上田春佳選手(24)が粘って3位。「男子にも勢いをつけたい」。レース前に話していたとおりになった。
寺川選手は、表彰台で日の丸が揚がるのを見て泣き出した。「待っていたのはこれだ、と思って」
北島選手は言った。

「みんなのおかげです。感動、悔しさ、チームとしての喜び。五輪で成長させてもらったと思う」

「楽しかった。チームメートと泳いで、ずっとライバルだったやつと泳いで」

ベテランの存在感、台頭する若手、強くなった競泳日本。メダル11個は戦後最多、史上2番目だ。
選手、コーチ、スタッフと、全員で手に入れた。北島選手の胸に光る「銀」は、過去2大会の4個の「金」と同じぐらいの輝きだった。(阿久津篤史、石橋英昭)


競泳男子 競泳女子
日本競泳陣

選手達の北島選手を尊敬し慕う姿に思わず心が震える。

「競泳は27人でつなぐリレー、メドレーリレーの最後の選手がゴールするまで気持ちは切れない」

入江選手のこの言葉・・・歴史に残る名言だと思う。

日本競泳陣に拍手!


仲がいいんですね~ 男女とも!

フィギュアと重なります
スポンサーサイト

Comment