上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
numberを買ってしまいました。

大ちゃんと真央ちゃんの記事が載っていたからです。

内容は世界選手権の総括のようなものだったので、あまり興味はなかったのですが、だいちゃんの記事のタイトルと写真がかっこいいのと、真央ちゃんの美しい写真が載っていたから、それだけでも買ってよかったかな。

numberの大ちゃん(縮小)

「選ばれし者の重圧を超えて」

世界最強といわれる日本男子。王者チャンを倒すのは羽生か高橋か・・・というシナリオだったはず。
しかし、思わぬ苦戦を強いられ、辛くも五輪出場の3枠を死守した。

体調を崩した羽生、現地入りしてから不調に陥った高橋。

こんな感じで書いてあります。

「四大陸の後、練習は十分してきたつもりだった。それなのに、ここの会場に入ってからジャンプが決まらず焦っている自分が居た。気負いすぎたのかもしれません。」
何度も目にした大ちゃんのコメント。改めて見ても胸が締め付けられる。
他のモロゾフチームの選手は大ちゃんのあまりに激しいトレーニングに驚いたという。
それなのに、なぜ・・・大ちゃんの焦りと不安。どれだけ精神的に追い込まれたことか・・・。

それでもSPの「月光」は四大陸より格段に洗練されていた。
でもジャンプが決まらなかった。

それでも最悪ななかで6位にとどまり、羽生の4位と合わせてソチ五輪の最大3枠を確保したのは、やっぱり並の選手ではないのだなと思う。

でも考えさえられたのはチャンのコメント。
不調だったGPシリーズのことを全部忘れて、気持ちを切り替えなくてはならなかった。そのために四大陸も欠場して、この大会で最高の滑りを見せるためにすべてを調整した。」
そう、すべてこの大会のために調整してきたのだ。日本の選手たちもそうしたかったはず・・・

でも世界最強と言われるがゆえん、激しい国内選考、日本開催の四大陸出場。エネルギーを何度も燃焼させてしまった。
日本チームの強さが、シーズン後半に選手たちを息切れさせる結果となったのか・・・と記事にも書いてある。

それでも羽生も高橋も、世界最強と言われる日本男子の代表だという誇りがあったからこそ、厳しい体調のなかでもあのレベルの演技をすることができたのだろう・・・とも。

そしてフィギュアファンを唖然とさせ、不安に陥れたスケ連のフィギュア部長の言葉。

「とりあえず五輪3枠を確保できたことはよかった。今年は四大陸選手権が日本開催で盛り上がったこともあり、すべての大会に力を注ぎすぎてしまうとこうなるということ。来季はこういうことがあってはならないので、今年のうちに課題が見えてきてよかった」
本当にこの方は今回のことでやっときずいたってことなんですか?

盛り上げることは運営上大切なことかもしれないけど、国を代表するエース級の選手をボロボロになるまで出場させ、3枠をとれとれと精神的に追い込んで、選手が一番力を発揮したい試合で失敗させて、やっと気付いたと・・・
選手をなんだと思っているんでしょう。

スポーツ雑誌にこんなことを平気で言えちゃうトップなんて世界に対して恥ずかしくないのでしょうか。

カナダのスケ連はチャンを休ませ十分な時間を与えた。その結果チャンは優勝と自信を取り戻した。3連覇のプレッシャーのかかったチャンを守ったのだ。

日本のスケ連は選手を守ってくれない。記事を読んでそう思ってしまった。

大ちゃんの振り絞るような言葉に涙が出る。
「へこまずに、ステップアップして新たな気持ちでいきます」
日本男子のレベルの高さは来季も変わらない。五輪代表選考はどれだけ熾烈になるか。

27歳の大ちゃんにとっては大変な試合が続くシーズンとなる。

でも信じてる。ソチで最高の演技を見せてくれることを。


numberの真央ちゃん(縮小)

光ってしまって見づらいけど、美しい表情でしょう~

記事は金妍児との比較みたいな感じなのであまり読む気がしないのですが、真央ちゃんの頼もしいコメントが書いてありました。
「今季は、初戦からここまでの練習の過程がすごく充実していました。ミスもあり点数もまだ満足できませんが、やってきたことを着実に出して、ここまで登ってこれました。必ず来シーズンに生かしたいです」
「今の時点では自分がミスしている状態。まずはしっかりミスをしない演技をして、そこからどこまで争っていけるかというのを、これから試していきたいです」

真央ちゃんがソチに向けて手ごたえを感じた試合になってよかったです。

最後に金妍児の振付師のデビット・ウィルソン言葉に頬が緩む。

「皆は2人を比べたがるけど、本当は全く違うタイプのスケーター。ジャンプの調子次第で順位はついても、演技の魅力は同じだけある。とにかく、同じ時代にコストナーを含めて豪華な女子がいっぱいいるのは素晴らしいこと。だからマオに、『あなたのスパイラルは本当に素敵よ』って伝えて」

大ちゃんと真央ちゃん、ふたりにとって勝負の年が、またやってくる。


高橋大輔浅田真央1

この笑顔を再び・・・






スポンサーサイト
テーマ:フィギュアスケート
ジャンル:スポーツ
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/03/25(Mon) 12:24 |  |  | 【編集
こんにちは。
numberのご紹介ありがとうございます。

四大陸&ワールドの大ちゃん、あとで思えばずいぶん追いつめられたような顔つきしてました。

前半調子が悪かったチャン選手が欠場した四大陸。
彼はいい休養になったようですね。
レイノルズも伸び伸びと演技できたのかも。
どちらもカナダに持って行かれちゃいました。

勝負の来季はまたどんな展開になるのか。
大ちゃん、がんばってほしいです。
2013/03/25(Mon) 15:38 | URL | kc | 【編集
鍵コメのさつきさん
こんばんは~
日本のスケ連は、本当に選手主体で物事を進めてほしいです。ソチの団体戦はシングルの選手をそのまま出場させるのでしょうか。だとしたら日程をちゃんと考えてほしいですよね。
短期間に2度もピークを作らなければならないなんて・・・
世界的に何を目的としているのでしょうか。

国別のキスクラの席順!私もそう願ってます。
どうか邪魔が入りませんように~♡

大ちゃん真央ちゃんが今季最後の演技を思いっきりできますように祈ってます。
きっとやってくれると思います。
そのあとの打ち上げ~そちらも楽しみですね♡
2013/03/25(Mon) 20:42 | URL | kedmlove | 【編集
kcさん
こんばんは~

世界選手権での大ちゃんは、げっそり痩せてほんと、心配でした。今回はうまくいかなかったけど、この努力は絶対どこかで生きるはずです。
それを信じて応援していきましょう。

そう、カナダに全部持っていかれましたね~
スケ連はこの経験を忘れないで選手たちのためになるような行動をしてほしいです。

来季は大ちゃんのラストシーズン!すべてがうまくかみ合いますように、祈るばかりです☆
2013/03/25(Mon) 20:46 | URL | kedmlove | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。