こんばんは、いや、おはようございますですね~

ただ今26日(月)の午前4時です

実は徹夜です。(仮眠2時間ほどしましたが・・・)

なんで徹夜かということは、後程説明するとして・・・

行ってきましたよ~ フレンズ

23日夜、24日昼、25日昼 なんと3回

大輔ファンなら普通のことかもしれないけど、(私も周りは複数回行く方ばかり・・・)
出不精の私としては事件です
もう一生ないかもしれない・・・貴重な体験でした

去年初めてフレンズに一日だけ行きましたが(初生フィギュアでした)、オリンピックシーズンだからか前回よりかなりのパワーアップしてました。
3時間弱が凄く短く感じました。それは日を追うごとに・・・

私の一番の楽しみは勿論、大ちゃんの新SP
どんな世界を表現するのか、音楽とどう絡んでいるのか、衣装は、ジャンプの調子は・・・?
どきどきしながら行きました。

でも、今回のフレンズを見て一番ぐっときたのは、荒川静香と言うスケーターの情熱と凄味・・・でした。

正直言うと、現役時代の荒川静香というスケーターは私は好きではなかった。

笑顔の記憶がない。どちらかというと暗いイメージでした。私の中では・・・

あの頃は社交的で華やかな村主選手の方が目立ちました。

だから、荒川さんが世界選手権で優勝したのもあまり印象になかったです。

それが、トリノで金メダルを獲得して、きっぱり引退して解説やアイスショーで本領発揮。
フレンズは彼女が作ったアイスショー。
彼女を慕って集まったスケーターたちとの手作りのアイスショー。
観客を楽しませるためだけでなく、未来のスケーターたちへのメッセージも込められている。

そして何より、驚くのが荒川さんの研ぎ澄まされた美しさと衰えないスケート技術。
今の荒川さんは笑顔を絶やさない。それも慈愛に満ちた笑顔。
一瞬、マリア像のように見えた。

私は以前から金メダルが荒川静香と言う女性を変えたのだと思ってます。
それは名誉とか世間の評価とかではなく、人間としての自信・・・ではないかと。

日本初のフィギュアの金メダリストとして自分は何をすべきか、何を残せるのか・・・

それが、フレンズ・オン・アイス

今回のフレンズは荒川静香と言う女性の魅力に酔った3日間でした。

荒川静香トリノトリノの荒川さん

2013年フレンズ(縮小)
フレンズの荒川静香と仲間たち・・・

荒川さん、現役時代よりずっと綺麗です

すっとして、これだけのメンバーの中でも輝いてます。

私・・・荒川さん、好きになりましたよ~


でも、一つ残念なことが・・・
荒川さん、真央ちゃんは出られないんですか? あっこさんや小塚君は出ているのに・・・
大人の事情?

だいまおファンの私はそこが残念


今回はここまでにします。

次回はいよいよ大ちゃんや皆さんの演技についての感想を書きたいと思います。
スポンサーサイト
2013.08.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://gekkeijyu2012.blog.fc2.com/tb.php/327-15a21769