上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは~ 明日(今日だけど)はJOですね

行ってきますね。でもこんな時間になってしまった~寝ないと・・・まあ、電車で寝るかな

JOの前に、興味深い記事が当たんで載せたいと思います。

9月30日(月)の朝日新聞の夕刊の記事です。

ソチカウントダウン 名振付師の2人 依頼集中
フィギュア 裏から高得点支える

フィギュアスケートで振付師は重要な存在だ。ソチ五輪シーズンの今季、高得点を出せると定評のある振付師に依頼が集中している。
代表格がデビィット・ウィルソン氏。羽生結弦(ANA)を2季連続で振り付け、今季はフリー「ロミオとジュリエット」を手掛けた。世界王者パトリック・チャン(カナダ)も昨季から担う。女子の金妍児(韓国)は5季連続で、アシュリー・ワグナー(米)は初めてとなる。
ローリー・ニコル氏は浅田真央(中京大)、高橋大輔(関大大学院)のほか、昨季世界選手権の男女銀メダリストを振付けた。高橋は今季、初めて依頼した。
ライバル同士で同じ振付師になることもある。今季、SPをウィルソン氏、フリーをニコル氏に依頼した織田信成(関大大学院)は「比較されるので、頑張らないと、と思うくらいかな」と気にしない。
フィギュアの世界では、一般的なことなのだ。
国際ジャッジでもある日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は「バンクーバー五輪以降、トラディション(技と技の間のつなぎ)で難しいことをすれば、より高い点が出るようになった」と話す。
売れっ子の2人は、音楽に合わせ、多彩な上半身の動きと、難しいフットワークを同居させるのがうまい。
ウィルソン氏は「単なる勝者ではなく、印象に残るスケーターにする」という方針だ。記憶に残る名勝負を、舞台裏で支えている(後藤太輔)


後藤氏のフィギュア記事、読みやすくていいところをついてくれるので、好きなんです
フィギュア愛が感じられます。

今季、初めてローリーに依頼した大ちゃん。
いよいよお披露目です。
もうドキドキしてきました。 どんなプロなんでしょう~ 
大ちゃん自信が凄く気に入っているプロ。
ローリーの振付が大ちゃんに魔法をかけてくれますように・・・

真央ちゃんとローリーはもうすべてをし尽くした仲。今や母のように真央ちゃんを見守る。
どの作品も素敵だけど、私は「愛の夢」と「月の光」だ好きだな~
真央ちゃんの雰囲気にとってもよくあっていて・・・

この2つはまた見たい作品です。

だいまお2013JOインタ(縮小)
(お借りしました)

夕方、大ちゃん&真央ちゃんのインタビューがあったんですね~見逃しました

ふたりともいい顔してますね


都内ではNHK杯のラッピングバスが走るみたいですね。
試合は生放送みたいだし、NHKさん、頑張る~

だいまおバス(縮小)
の、乗りたい・・・


もういい加減に寝なくては・・・・

おやすみなさい~
スポンサーサイト
テーマ:フィギュアスケート
ジャンル:スポーツ
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/05(Sat) 10:25 |  |  | 【編集
鍵コメのさつきさん
こんにちは~
爽やかな午後です。
JO終わりましたね~
JOのことは改めてブログに書きたいと思います。
久しぶりの遠出で昨日は少し疲れましたね。
でも仲良しJapanチームが生で見れて嬉しかったです♡
改めて・・・大ちゃん真央ちゃんはお似合いだなあと思った大会でした♡
2013/10/06(Sun) 12:44 | URL | kedmlove | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。