やったね! 大ちゃん! 94.00! 凄い!

でも例によってご本人は・・・「ステップぐだぐだや~、スピンやべ~」「点数で過ぎ~」などなど・・・

もう~ 謙虚って言うか、自分に厳しいって言うか、なんというか~  しっかり放送されてますよ!大輔さん。

でも、ごめんなさい。テレビでしっかり見ようと思ったのに、大ちゃんがポーズとった途端、おなかが~
だから後で見た  どーもだめだな・・・テレビなのに緊張しまくり!

自国開催で、初出場で、主将で、こづこけたし・・・団体戦とはいえ、凄いプレッシャーなのにあの演技!
かつての大ちゃんじゃあ考えられないよ。
荒川さんも言ってたけど、本当に強くなったね~  もう親の気持ちです! 頼もしい大人の大ちゃんが見れて、幸せです

うちは一般紙しかないけど、大ちゃんの記事だけ載せます。

朝日新聞 ソチ見据え 上々の4回転

94.00。国際スケート連盟主催大会のSP世界最高得点を出し、高橋は「点数で過ぎ。日本開催だから」と謙遜したが、得点に見合う完成度だった。
4-3回転の予定だった冒頭のジャンプを4回転だけにした。ややバランスを崩しながらしっかり着水。稼ぎ損ねた得点は中盤に補う。単独の予定だった3回転を連続ジャンプにした。
世界選手権のSPでは4回転後の無理な体勢から3回転を跳び、減点された。「そのことがあったので単独にした。」
3っつのジャンプをあわせた得点は世界選手権のそれを6.44上回った。
今季はSPで4回転を跳ぶつもりはなかった。基礎の見直しに集中し、2014年ソチ五輪へ向けた土台のするという長期計画だったからだ。しかし「『SPで4回転をいれない』と言われ、待てよと思った」と、4回転に挑戦した。
成功率が高くないと自覚している4回転の完成度は計画より早く高まり、スケーティング技術も上がっている。選択は間違っていないようだ。(後藤太輔)


日経のも載せたいけど、時間がないので後にします

誰も待ってないって~
スポンサーサイト
2012.04.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://gekkeijyu2012.blog.fc2.com/tb.php/40-962c4796