日経新聞 高橋 SP歴代最高

「やりきった」という世界選手権からおよそ3週間。一度つくったピークを元に戻すのは容易な事ではない。
「疲れもあったし、メンタル面を上げるのは難しかった」 調整程度の練習で今大会に臨んだ高橋だったが、さすがは日本のエースだった。
とにかく4回転に集中していた。冒頭で4回転ー3回転を予定していたが、「コンビネーションは考えなかった」。4回転は「うまくいった」と高く鮮やかに決め、3回転は無理することなく瞬時に回避。その後に改めて連続ジャンプで3回転を跳びなおし、落ち着きながらも情感あふれる演技でファンを熱くさせた。
「ジャンプが成功できてよかった。大きなミスなく終了できた」と手ごたえ十分の内容。さらに場内をどよめかせたのがその得点だ。国際大会ではSP歴代最高となる94.00をたたきだした。
「点数は出してもらいすぎたかな。おまけだと思う。」冷静に分析するが、満面の笑みを浮かべた表情からは充実の演技だったことがひしひしと伝わってくる。
ステップのぐらつきなど反省点を挙げながらも、「(ジャッジが)評価してくれたので自分にとってプラス。来シーズンにつながる」と、一段と自信を深めた高橋。難攻不落の世界王者パトリック・チャンをフリーで振り切れば、最高の形で今季を終えられる。(金子英介)



どれもいい感じで書いてくれましたね~ 


でも、ちょっと気になる一言が・・・

難攻不落の絶対王者・・・って~ 気に入りません  大ちゃんにとって難攻でも不落でもないし!

手ごわいけど・・・多少・・・
スポンサーサイト
2012.04.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://gekkeijyu2012.blog.fc2.com/tb.php/41-eeed9d05