上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お正月の風物詩、箱根駅伝。

今年も沿道に出て応援してきましたよ。 往路も復路も。
これは我が家の大事なお正月の行事

2016年駅伝(縮小)

娘たちは行かないけれど、主人と私は毎年沿道で応援している。
今年、ちょっと違ったのはいつも見ていたところより、少し海側に移動したら、洋服の大型チェーン店の駐車場で市の青年団が炊き出しをやっていた。
無料で豚汁、お餅、お酒などを配っていた。
長年見てきたけど、こんなことをやっているなんて初めて知った
せっかくなので、主人と二人で豚汁をごちそうになった。うどんも入っていてなかなかのボリューム
しかしこの日はとにかくいい天気で暑くて~
汗っかきの主人は汗だくになって食べていた。

結果は青山学院大学の圧勝。
特に応援している大学はないのだが、まあ、主人と次女の母校は一応気になる。(この時ばかりは父娘間で静かな火花が散る)
どこの大学の選手でも走っているのを見るのが好き。

我が家の近くの区間は往路が3区、復路が8区。
選手たちは小柄で細い学生が多くて、風に飛ばされないだろうかと心配になる。
幸い風のない日だったが、往路の箱根の山頂は強く吹くところがあって、青学の神野君は少しよろけたところがあったみたいだったけど、無事にゴールできてよかった。他の選手たちも・・・

今年も感動させてもらったけど、繰上げスタートを見るのはつらい。
直線で姿が見えたら待ってあげて~と思ってしまうけど、これも勝負。
来年は繰上げがない事を祈る。

駅伝のようなスポーツはいい。
よーいドンで走って、一番先にゴールしたのが勝ち。
誰の目にも勝敗は明確。
凄く気持ちがいい。

フィギュアのように総合芸術のようなスポーツもいいけど・・・たまにモヤモヤしたりする。
好きな選手の演技があまり評価されないと「なんで!」と思って怒りたくなったり
精神的には疲れる競技だけど、これもまた魅力だったりする。

話がそれた。

箱根駅伝。ここ、湘南に住んでいる限り沿道に出て応援したいと思っている。
新春の空の下、懸命に母校の襷をつなごうと走る若者たちの姿を見に・・・


今年は主人の母校と娘の母校もシード権を獲得した。
家族内で険悪にならないで済んだのでよかった。
(とばっちりがこちらにくるので~

スポンサーサイト
コメント
NoTitle
箱根駅伝はなんだかんだで毎年見ちゃいます。(笑)
私の母校は絶対に出場することはないのですが・・・

青学はぶっちぎりでしたね。繰上げスタートはホント見るの辛いですが、決して彼らのせいではなく青学が速過ぎたせいだと・・・・。

タイムできっちり勝敗が決まる競技はスッキリしていいですね。
採点競技でも一度は文句なしのスッキリ感を味わえないものでしょうか・・・・
2016/01/07(Thu) 22:25 | URL | Isabelle | 【編集
Isabelleさん
こんばんは~。
今年もよろしくです。

これを見ないとなんか落ち着きません(^^ゞ
年々スピードが増してきますね~
沿道で見ていても、あっという間に過ぎて行ってしまいます。
繰り上げスタートはあったけど、事故や棄権がなくてよかったです。

採点競技は見る人の好みとか、気持ちが入ったりしますからね~
これも魅力の一つだと思うようにしています。

また今年もお会いしましょうね~
2016/01/09(Sat) 00:23 | URL | ローリエ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。