久しぶりのフィギュアスケートのことを書きたくなりました。

4月2日の日経新聞

昌磨成長、重圧はねつけ
自分を見失って7位に沈み悔し涙を流した初舞台から1年。宇野は変わった。SP2位と頂点がちらつくフリーで重圧をはねのけ、3種類の4回転を跳んで合計300点の大台をはるかに超えた。拍手喝采の中でフィニッシュを決めると、左手を高々と突き上げて余韻に浸った。
大技が微妙に傾いても、独特な着氷の柔らかさで乱れを最小限に食い止めた。こだわりのある表現面での評価では、5項目全てで10点満点の9点台を得たことも成長の証。「去年とは変わって余裕を持った演技ができた。去年の失敗、今年の成功、失敗がこの大会につながった」と喜びを語った。
19歳となった今も159センチと小柄だ。ただ、身長に対するコンプレックスはなく、むしろマイナス思考に陥りがちな性格が「嫌い」だという。「攻めると言い続けているのも、守りに入っちゃうから」。練習で苦戦する4回転ループを跳び続けるのも、弱い自分に勝つためだ。
内向的なのに、銀盤に立てば「恥ずかしいと思ったことはない」と不思議な魅力を持ち合わせている。今季は全試合で表彰台に立ち、この大会は羽生に2.28点差。
目標の五輪「金」はもう夢ではない。(共同)

しょーま銀メダル(縮小)
(お借りしました)

昌磨、おめでとう~

そう、もう夢ではないのです。
来年、真ん中に立つ君を見たい。

内向的なのに、銀盤に立てば観客を魅了する。。。。

あの人と同じ・・・君の憧れのあの人と。

2013年世界選手権SP
スポンサーサイト
2017.04.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://gekkeijyu2012.blog.fc2.com/tb.php/573-3bdc90a8