05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

元気をくれる朝ご飯。

2018.02.08 (Thu)

今の私、人生最大のピンチ。。。かもしれないとは前に書きました。

私の年代では、子育ても終わり、旦那も定年を迎えるころでそろそろお互い好きなことをして楽しもう・・・って考えてもおかしくないはず。
なのになのに~~~ですが。
逃げ出すわけにもいかなので、この試練に向き合うことにしました。
時に心が折れそうになるけど、いらいらすることもあるけど、前向きにとらえて少しづつ進んでいこうと。

はあ~~とは言っても、つらいものはつらいですけど・・・

でも元気を出したいと思ったとき、「そうだ!朝ご飯をちゃんと食べよう~」

今までも食べてきたけど、あんまり気を使わなかったのです。
残り物とか、立ったままかじるとか(お行儀悪いですが)。
つまりあまり時間をかけなかったのです。

それをやめて、ちゃんと作って、ゆっくりとゆったりとのんびりと食べようと。

2018年2月6日(縮小)
一昨日の朝ごはん。
焼いてあったブドウパンとバターロール、ゆで卵、ブロッコリー、トマト、ヨーグルト。



昨日は鮭の西京漬けを焼いて、純和風にしたのですけど、写真を消してしまった~(涙)
和食は和みますね~
朝のお味噌汁って、日本人でよかった~と思わせてくれます。





(縮小)2018年2月8日
そして今日。
バターロールに好きなものを挟んでみました。
カップに入っているのは味噌汁です。意外とパンに合うんですよ~ お試しあれ!
ただし、パンのときはお椀ではなくて、お気に入りのカップに入れて召し上がれ~
いつもと違う味がしますよ~きっと。

ちょっと寒かったけど、庭で花を見ながら食べました。
冷たい空気の中で食べるのもいいですね。気持ちが引き締まります。

さあ、今日もしっかり生きましょう~~~


10:48  |  朝ご飯  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

大好きな二人♥

2018.02.05 (Mon)

今更ですけど・・・

買ってしまいました。。。

フィギュア本2冊。

だいまお本(縮小)

かな~りおそいですけど。

やっぱり二人に会いたくて。

(縮小)だいまおメドレー

たまりませんわ♥

(縮小)真央愛
真央愛炸裂!

だったらそろそろだいまおアイスショーをやっておくれ~~~


ずっとこの二人に癒されてきた私ですが、あれほど好きだったフィギュア(今も好きだけどね。でも熱が少々ダウン)。
大ちゃんが引退してアメリカに行っちゃったときは心が半分どっかいちゃって~
でもまだ真央ちゃんがいる~~~って奮い立たせて応援して(テレビでだけど)

ほんとはね、だいまお一緒に引退して、さっさと二人でアイスショーとかやってくれるじゃないかと期待してたけど、大人の事情とかなんかたくさんあるんだろうな~
なかなか実現されず。。。

だいまお砂漠に迷い込んでおりました。

ちょこちょこ共演はあったけどさ~~

砂漠が潤うまでには至らず。。。


そんな中だいまお以来、しかもフィギュア以外でどはまったものが現れました~~。

それは次回改めて書きます。

でもちらっと見せちゃう。

              健太郎&結菜

分かる方いますか~~~?

ではまた!

10:06  |  大輔&真央  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ちょっと真面目なことを・・・

2018.02.04 (Sun)

今日はちょっと真面目なことを書いてみます。

日記です。  私の独り言・・・

私は今60代・・・(言っちゃった~)
比較的、いや、かなり幸せに過ごしてきたであろう今まで。。。

特に子供のころ。
両親はもちろん、祖父母、叔父叔母・・・からたくさんの愛をもらって、好きなことをさせてもらい。。。
若い頃はそれが当たり前と思って生きていたような気がする。

でも結婚したころから、今までの私の幸福は私の周りの人たちの努力であったんだときづいてしまった。
父が亡くなったとき、祖父、祖母が亡くなったときに痛烈に感じた。

父は私に厳しかった。特に門限!
好きなことはさせてくれたけど、年頃になって門限は父が帰ってくるまでに帰ってこないと、雷が落ちる。
ちなみに父は地元で自営業だったため遅くとも夜7時には帰ってくる(汗)

でも時にその厳しさが心地よかった。
父に守られていると感じることができたから・・・

父の愛情を最大に感じたのは亡くなったとき。
祖父のときも
祖母のときも
亡くなったとき。

いかに自分が彼らに守られていたのか痛烈に感じた。
いつもいつもわかるのが遅い。

でも、そう感じることが幸せなことなのかな。

結婚してからは幸福というものは、自分で作っていくものだと感じた。
幸せなことはさあ~っと過ぎていき、つらいことは重く心に残る。

幸せなときとつらいときが、交互にやってくる。でも何とか無事にやってきた。
つらかったことも今では思い出として残っている。


今の私、もしかしたら人生最大の危機かもしれない。

でも、これを乗り越えるか乗り越えられないか、すべて自分自身にかかっている。

大丈夫、きっと乗り越えられる。

これもきっと思い出になる。。。と自分に言い聞かせる。


なんか、何を書きたい分からなくなってしまったけど、そんなことを考えた日曜の朝でした。

負けないぞ!という宣言、かな。



独り言でした。。。

08:50  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

嬉しいニュース🎵

2018.01.28 (Sun)

終わりましたね。 四大陸選手権。

坂本さん、三原さん、宮原さん・・・女子は圧倒的でしたね。おめでとうございます。

宇野君も2位、おめでとう。逆転されたけど、素敵な笑顔で終われてよかった。
田中君もよかった。
無良君、お疲れ様。

大輔氏のレポートも良かった~~(かみかみも素敵・・・)文字色

そして今回一番うれしかったのは

かなクリが表彰台~~~(ぱちぱちぱち)

いやあ、ほんと嬉しかった!
クリスはお姉さんのキャシーとず~~~っとがんばってくれて~~~
かなちゃんはシングルでも頑張ってたけど、よくぞアイスダンスに転向してくれました!
ありがとう~~~

1月26日の記事。

村元・リード組が銅  アジア初
リフト満開レベル4

記者会見で司会者に「北米以外のチームがメダルを獲得した歴史的瞬間です」と紹介され、村元・リード組は「とても光栄」と喜んだ。
米国。カナダは五輪代表を派遣しなかったが、その強豪国の力ある選手と競り合ってメダルをつかんだ。
映画「ラストエンペラー」と「戦場のメリークリスマス」の曲と共に、寒さに耐えた桜が咲くまでを演じる。
クリスが村元を持ち上げて、滑ったり旋回したりするリフトを使い、花開く様子を表現した。その三つのリフトは、いずれも最高レベル4だった。
姉キャシーと組んでいたクリスは、2014年ソチ五輪でミスがあり、フリーに進めなかった。シングル選手だった村元と組んで3季目。
五輪初出場となる村元は「五輪に向けていい流れが作れた。平昌で満開の桜を咲かせたい」。
(後藤太輔)

クリス&かな
二人とも素敵な笑顔~

オリンピックも素敵な笑顔見せてください✨





15:52  |  ペア・アイスダンス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

step step step (2017年12月27日)

2018.01.25 (Thu)

いや~降りましたね~⛄

4年ぶりですか。
まるでオリンピック!

4年前はもっとふって、よりによってフィギュア男子フリーに時でしたよ。
大輔友のお宅でみんなで見ましょうということになったのだけど、「大雪予想」で私は断念。
集まった大輔友に差し入れにとパンを送ったのに、大雪で届かず・・・
2日遅れで届いたのかな~
これまた残念な思いをしました。

どうも冬季オリンピックは日本に大雪を呼び寄せるらしい~(わからんけど・・・)

昨日から四大陸も始まって、平昌までもあとわずか~
今頃ですが、全日本あとの大輔氏のコラムです。(by日経新聞)


五輪につながる精神力    高橋大輔

今回の全日本選手権は、平昌五輪代表がかかった選手たちに、フリーで転倒といった大きなミスがほとんどなかった。
精神力の強さに感動した。
女子の宮原知子はジャンプの回転不足はあったが、それ以外は問題なし。女王の演技だった。
坂本花織はショートプログラムだけでなく、ふりーは最終滑走でジャンプを決めてみせた。メンタルの強さが「五輪でもやってくれるんじゃないか」という期待を抱かせ、評価された印象だ。
ただ、国内大会と国際大会、特に五輪は採点の傾向が異なる。坂本はこのままだと演技構成点で伸び悩むかな、と思う。
まだ大ざっぱなところが目立つトランジションで細かく気をつけ、一つ一つのポジションで指先まで神経が行き届くようにする必要がある。
男子は田中刑事が五輪切符をつかんだ。4回転ジャンプをフリーで1本抑えた無良崇人の執念と気迫も素晴らしかった。
それ以上に4回転を3本入れた田中の挑戦への心意気が勝った感じだ。
田中は同郷で、子供時代から知っている。試合期間が空いた時期、練習リンクとは感覚が変わる、客席もある大きなリンクの貸し切りを勧めた。観客を意識し、演技全体を大きく見せる練習にいいからだ。
優勝した宇野昌磨はまた納得のいく演技ができず、がっかりしていた。いろいろできるが故の悩みかもしれない。今季、試合ごとにジャンプ構成を変えるので微妙なズレに気づきにくくなっているのだろう。その点、これしかできないという選手は毎回同じ構成をするので、問題点には気づきやすくなる。
しかし器用さは宇野の強み。今のようなジャンプ構成が肉体的に無理になる時期がいづれ訪れる。2、3度目と今後とも五輪を狙える年齢だ。今、やれることをやりつくして学ぶのもいい。
ケガで全日本を欠場した羽生結弦を選んだのは妥当だ。メンタルが強く、観客の声援を力に変えられる選手だから、五輪にぶっつけ本番でもさほど心配はしていない。1か月以上も氷に乗れていないのは気がかりだ。五輪まで1か月前までに1日に跳ぶジャンプの回数は制限しても、プログラムを通せる状態なら間に合うと思う。
(バンクーバー五輪銅メダリスト)

今回の全日本は、大輔&真央ほどのめりこむ選手がいなかったせいか、ある意味すごく楽しめた。(もちろん、皆さん好きですよ~)
まあ、大輔&真央のときはドキドキ感が半端なくて、その場から逃げたり目をつむったり~~

今はどの選手もひいきせずにみられるから、フィギュア全体を楽しめる。

でもほしかった~4年前の大ちゃんにも・・・今回のような特例が・・・ごにょごにょ

いうまい!(言ってるけど)


とにかく、選手の皆さん!ケガだけはしないで最高のコンディションで戦えますように、祈ってます!


応援だいまお2
ソチのだいまお~ 団体戦での応援。。。

だいまおソチツーショット(縮小)
やっぱりいいな~ この2ショット。



09:00  |  高橋大輔  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。